『我が青春の'80s』を始めます!!

黒羊が1980年~1990年に撮影した画像を不定期でアップしていきます。
ブレ・ボケ・アレ、撮影データ無し…ですが閲覧してやって下さいませ。
現在、スキャナーにて鋭意作成中です。


EF66-1(吹) 1990年


EF81-81(田) 1985年 20系「エキスポライナー」
スポンサーサイト



2015年から5画像

2015年も残すところ約7時間あまり。
今年撮影した気になる5画像をアップします。


2015年の初撮り
豪雪による大幅遅延で撮影可能時間に東上してきた「あけぼの」
9022レ EF64-1032(長岡) 2015年1月3日


ダイヤ改正前の一時期「カシオペア」にEF81が代走起用されました
8010レ EF81-81(田) 2015年3月3日


全検施工するとは夢にも思わなかったEF66の27号機
全検後の初運用
3089レ EF66-27(吹) 2015年6月7日


古代蓮とゼロロクのコラボ
2016年にも見られるか…
4083レ EF66-33(吹) 2015年8月2日


今年撮影した1番のお気に入りの画像
所定では鮫が充当されるはずでしたが、前運用の4071レが大幅遅延したことで、当日の朝に3089レで下った27号機が代走起用されました
3064レ EF66-27(吹) 2015年9月20日

年末も頑張るEF65達 EF65-2119 & EF65-2121 他

幹線系統の長距離貨物列車が運休となるなか、東京湾岸から北関東方面へと走る石油列車は多数運転されており、これらの列車にはEF65が充当され活躍しています。昨夜から今日の昼間までに撮影した画像をアップします。


京葉地区の精油所向け返空タンク列車
8178レ EF65-2121(新)


京浜地区の精油所向け返空タンク列車
8174レ EF65-2119(新)


京浜地区から宇都宮に向かうタンク列車
8583レ EF65-2119(新)


京葉地区から郡山に向かうタンク列車
8179レ EF65-2067(新)

おまけ


年末なのに運転された宇都宮配給
配8936レ EF65-1105(田) ホキ800×5車

回想 EF66-32 (3) 運用離脱まで

EF66-32の最後の活躍の続きで、運用離脱までの記録です。


抜けるような青空の下、色付いてきた稲穂を横目に黒磯へと走る
3085レ EF66-32(吹) 2014年9月2日


吹田機関区のEF210運用に充当され、24両の長編成を牽引し東京貨物ターミナルを目指す
8074レ EF66-32(吹) 2014年10月3日


列車待ち人の居ない早朝のターミナル駅を通過する
4086レ EF66-32(吹) 2015年1月13日


1000トン越えのコンテナ列車を唸りを上げながら加速牽引していく
3089レ EF66-32(吹) 2015年2月8日


黒羊が最後に撮影した32号機です
4083レ EF66-32(吹) 2015年2月21日

EF66の32号機は、2015年2月24日の吹田機関区A26仕業に充当され越谷(タ)から百済(タ)まで1067レを牽引、百済(タ)から単1780レで吹田機関区に戻り、長きにわたる活躍を終えました。

闇鉄~朝練 EF66-21 & EF66-30 他

今日は深夜と朝方にゼロロク牽引列車が有りましたので撮影に出向きました。


闇鉄定番の某駅は構内照明が消されていたので隣駅まで向かいましたが、こちらも構内照明が間引きされていたので…最悪の撮影条件でした (-_-;)
4071レ EF66-21(吹)


石油列車は運休が少ないのですが、例年に比較して財源が少ないように感じます
8179レ EF65-2091(新)


月曜日(出発は日曜日)の割りには財源が豊富でした
3085レ EF66-30(吹)

回想 EF66-32 (2)

EF66-32の最後の活躍の続きです。


定刻から約2時間遅れでヒガハスを下る
退色した車体が32号機の証し
3085レ EF66-32(吹) 2014年6月15日


吹田から夜通し走り朝を迎える
3089レ EF66-32(吹) 2014年6月23日


早朝の某駅構内へ進む
4086レ EF66-32(吹) 2014年7月12日



夕陽を背に出発の時を待つ



長距離運用(越谷タ経由、幡生行き)に備え暫し停車
3098レ EF66-32(吹) 2014年8月20日

回想 EF66-32 (1)

今年の2月末に運用離脱し、5月に除籍・解体処分されたEF66-32の最後の活躍を振り返りたいと思います。


春の花が咲く中、宇都宮線を黒磯へと下る
4083レ EF66-32(吹) 2014年4月20日


春の柔らかな日差しを浴びて快走する
4083レ EF66-32(吹) 2014年5月8日


田んぼに水が張られ、新緑が眩しい季節を走る
3085レ EF66-32(吹) 2014年5月18日


長編成のコンテナ列車を牽引し宇都宮線を下る
4083レ EF66-32(吹) 2014年5月20日


吹田機関区の後輩EF210(桃太郎)の運用に充当され名撮影地を行く
8074レ EF66-32(吹) 2014年5月24日


朝陽を浴びて早朝の宇都宮線を東上する
4086レ EF66-32(吹) 2014年6月1日

ゼロロク祭り♪ EF66-36 EF66-26 EF66-30 EF66-21

クリスマスイブ(24日)の夜からクリスマス(25日)の朝にかけて、現在稼働しているゼロロク6台中の4台が北関東運用に充当されましたので夜通し撮影してきました♪


先陣は吹田機関区A25仕業の36号機
長駆、幡生から黒磯へと向かいます
4071レ EF66-36(吹)


次は吹田機関区A13仕業の26号機
吹田から黒磯へと向かいます
3089レ EF66-26(吹)


約15分後、吹田機関区A15仕業の30号機
黒磯から東上し広島へと向かいます
3078レ EF66-30(吹)


最後は吹田機関区A23仕業の21号機
稲沢から黒磯へと向かいます
4083レ EF66-21(吹)

朝練(2) EF65-2121 他

3089レ(EF66-30)、3053レ(EH500-2)を撮影後の報告です。


早朝の宇都宮線下り石油列車にはEF65の国鉄特急色がやってきました♪
8583レ EF65-2121(新)


停止信号燈の光で赤色ナンバープレートが更に赤色に光りました
3097レ EF65-2084(新)



撮影場所をヒガハスに移して、定点撮影を行いました
8179レ EF65-2068(新)
3085レ EF66-106(吹)

朝練 EF66-30 & EH500-2 他

今朝は、黒羊がお気に入りの機関車が早朝の貨物列車に多数充当されていましたので、3時半に起床して出撃しました。


高崎線の上り1番列車には金太郎の若番(8号機)が登場
2080レ EH500-8(仙)


吹田機関区のEF66 A13仕業にはゼロロク30号機が充当、年末に掛けて北関東運用が期待されます
3089レ EF66-30(吹)


3089レ通過の約10分後、続行の列車は金太郎1次型の2号機がやってきました
3053レ EH500-2(仙)

『朝練(2)』へ続きます

プロフィール

pap02192lgqr

Author:pap02192lgqr
電気機関車を中心に撮影しているオヤジのブログ
自宅(埼玉県さいたま市)から半径50km以内で撮鉄活動中

ご訪問者の累計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR